案内

国立現代美術館は 1969年に景福宮内で開館しました。

美術館が当初所蔵していたのは20世紀初期から中期にかけての韓国現代美術作品で、高羲東(Ko Hui-Dong、1886-1965)、具本雄(Ku Bon-Ung、1906-1953)、朴寿根(Park Soo-Keun、1916-1964)、金煥基(Kim Whan-Ki、1913-1970)といった重要な画家の作品が含まれます。

1973年に美術館が徳寿宮石造殿へ移転するのに伴い、様々な作品を所蔵できる体系的な枠組みが確立しました。1970年代中・後期には高齢であったり亡くなったりした美術家の造形美術作品を発掘し、1980年代初・中期には中・壮年美術家の抽象作品を数多く追加しました。

1986年に果川で新しい美術館が完工してからは、国際的に高く評価されている作品を集めるのに力を入れました。韓国で開催された1986年のアジア競技大会と1988年のオリンピックは、国立現代美術館が大幅に増えた所蔵品を世界の人々に見せる最高の機会となったのはもちろん、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、ゲオルグ・バゼリッツ(Georg Baselitz)、ヨルグ・イメンドルフ(Jörg Immendorff)、マルクス・リュペルツ(Marcus Lüpertz)など、数々の世界的に有名な美術家の作品を購入し続けることによって所蔵品を拡大する契機ともなりました。また、白南準(Nam-June Paik)の作品「多々益善(The More the Better)」もこの頃に設置されました。

1990年代に美術館は有名な美術家の作品だけではなく、若い新進作家の作品にも関心を向けて所蔵品の幅を広げ始めました。また、ニキ・ド・サンファル(Nikki de Saint-Phalle)、ジョナサン・ボロフスキー(Jonathan Borofsky)、ミケランジェロ・ピストレット(Michelangelo Pistoletto)、セザール・バルダッチーニ(Cesar Baldaccini)、エンツォ・クッキ(Enzo Cucchi)、ジム・ダイン(Jim Dine)、クリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski)などの世界的に有名な美術家の作品も集め続けました。

国立現代美術館は現在、プリントや工芸、写真、ニューメディアなど、これまで比較的関心の低かった作品の収集を強化するとともに、国内外美術の継続的な研究、発掘、収集によって世界レベルを維持しています。

国立現代美術館は 1969年に景福宮内で開館しました。

美術館が当初所蔵していたのは20世紀初期から中期にかけての韓国現代美術作品で、高羲東(Ko Hui-Dong、1886-1965)、具本雄(Ku Bon-Ung、1906-1953)、朴寿根(Park Soo-Keun、1916-1964)、金煥基(Kim Whan-Ki、1913-1970)といった重要な画家の作品が含まれます。

1973年に美術館が徳寿宮石造殿へ移転するのに伴い、様々な作品を所蔵できる体系的な枠組みが確立しました。1970年代中・後期には高齢であったり亡くなったりした美術家の造形美術作品を発掘し、1980年代初・中期には中・壮年美術家の抽象作品を数多く追加しました。

1986年に果川で新しい美術館が完工してからは、国際的に高く評価されている作品を集めるのに力を入れました。韓国で開催された1986年のアジア競技大会と1988年のオリンピックは、国立現代美術館が大幅に増えた所蔵品を世界の人々に見せる最高の機会となったのはもちろん、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、ゲオルグ・バゼリッツ(Georg Baselitz)、ヨルグ・イメンドルフ(Jörg Immendorff)、マルクス・リュペルツ(Marcus Lüpertz)など、数々の世界的に有名な美術家の作品を購入し続けることによって所蔵品を拡大する契機ともなりました。また、白南準(Nam-June Paik)の作品「多々益善(The More the Better)」もこの頃に設置されました。

1990年代に美術館は有名な美術家の作品だけではなく、若い新進作家の作品にも関心を向けて所蔵品の幅を広げ始めました。また、ニキ・ド・サンファル(Nikki de Saint-Phalle)、ジョナサン・ボロフスキー(Jonathan Borofsky)、ミケランジェロ・ピストレット(Michelangelo Pistoletto)、セザール・バルダッチーニ(Cesar Baldaccini)、エンツォ・クッキ(Enzo Cucchi)、ジム・ダイン(Jim Dine)、クリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski)などの世界的に有名な美術家の作品も集め続けました。

国立現代美術館は現在、プリントや工芸、写真、ニューメディアなど、これまで比較的関心の低かった作品の収集を強化するとともに、国内外美術の継続的な研究、発掘、収集によって世界レベルを維持しています。