Archive & Library

果川館美術研究センター

美術研究センターは、韓国及びアジア近現代美術の理解と研究を目的として、2013年10月に設立され、美術資料の収集・管理・保存、研究活動支援、美術情報サービスなどの事業を推進しています。

  • Art Archives
    特殊資料室

    特殊資料室は、20世紀の韓国芸術家のスケッチ、ドローイング、作家ノート、写真、手紙、パンフレットなどの美術資料及び美術館の主な活動(展示、教育、研究など)に関連して作成された資料を所蔵しています。このうち、整理・記述が完了した資料に限り、資料原本の閲覧サービスを実施しています。

    ご利用時間
    月~金曜日 10:00 - 17:30
    (昼休み時間12:00-13:00は休室)
    土・日曜日および祝日は休室

  • Art Library
    美術図書室

    美術図書室は、近現代美術の専門図書館を目指して、国内外の様々な美術資料を収集し、閲覧サービスを提供しています。所蔵資料には、近現代美術図書、国立現代美術館出版物、芸術分野の逐次刊行物、美術関連論文などがあります。

    ご利用時間
    月~金曜日 10:00 - 17:30
    (昼休み時間12:00-13:00は休室)
    土・日曜日および祝日は休室

ソウル館デジタル情報室

デジタル情報室は、美術愛好家や一般の人々に多様な美術情報を提供するために、2014年2月にオープンし、美術資料の収集・管理・保存、デジタル資料及び資料原本閲覧サービス、アーカイブ展示などの事業を推進しています。

  • Digital Archive
    デジタルアーカイブ

    デジタルアーカイブは、韓国近現代の主要美術作家の資料を集めた「韓国現代美術家ファイル」をはじめ、ビデオアーティストの映像アーカイブなどを保有するとともに、所蔵したアーカイブをもとに、各種アーカイブ展示を開催しています。

    ご利用時間
    月~日曜日 10:00 - 17:30

  • Digital Library
    デジタル図書館

    デジタル図書館は、同時代の現代美術専門図書館を目指して、価値ある美術資料を収集するとともに、閲覧サービスを提供しています。所蔵資料には、現代美術図書、国立現代美術館出版物、芸術分野の逐次刊行物、デジタルコンテンツ(WebDB及び電子書籍)などがあります。

    ご利用時間
    月~日曜日 10:00 - 17:30