研究

Archive & Library Go

国立現代美術館は、韓国及びアジアの近現代美術の理解と研究を目的として、美術研究センター(果川館)とデジタル情報室(ソウル館)を運営しており、各種美術図書及び資料の収集、管理、保存、閲覧サービス等を実施しています。

Archive & Library

MMCA 研究 Go

国立現代美術館研究企画出版チームは、美術館の学術研究機能を強化し、良質の韓国美術のコンテンツを提供するために新設されました。これまで美術館がイメージを介した芸術体験を主と考えていたとすれば、研究企画出版チームは美術における言葉と文の使い方を悩み、美術館の知識生産と韓国美術の談論化に焦点を当てています。また、韓国のアートシーンの変化に機敏に反応して美術館内外を行き来する研究によって、美術館を公論の場にしようとしています。主なプログラムには、国内外の碩学の「トーク」、一つのテーマを深く議論する「セミナー」、海外大型機関等とコラボレーションする「国際学術シンポジウム」などがあります。

MMCA 연구 대표이미지

Residency Go

国立現代美術館レジデンシーは, 創造的な談論の形成と韓国現代美術の国際化のためのプラットフォームとして、2002年にソウルの倉洞、2004年に京畿道高陽に設立されました。多様なプログラムを通じて選抜された入居作家は、安定した作業環境の中で新しい創作の可能性を実験することができます。また、国立現代美術館レジデンシーは、世界各国の主要レジデンシーと活発にネットワークを構築しながら、文化芸術界をはじめとする各分野の専門家との交流によって、作家の活動領域を国内外に広げる多様な接点と契機を創り出しています。

레지던시 대표이미지

保存科学 Go

保存科学は、芸術作品の保存処理によって追加損傷を防ぎ、作品の寿命を延ばす活動です。この活動は、美術史的知識に加え、科学的処理や検証のための材質分析など科学的知識に基づいて行われます。特に現代美術の保存は、伝統的な概念ではアプローチが難しい側面があり、美術品の保存修復に対する目的と意味の変化が求められています。

보존과학 대표이미지

出版 Go

韓国美術の談論風発のために、国立現代美術館は最新の研究成果をまとめて普及させています。展示目録をはじめ、年次研究論文、保存科学研究誌、研究叢書や韓国現代美術家シリーズなどを介して、国内外の研究者と密度の濃い研究成果を共有したいと考えています。

출판 대표이미지